広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

福山支部

裁判をせずに赤い本基準で示談

ご依頼者 受傷部位・傷病名 後遺障害等級
30代・女性・理学療法士 むち打ち なし

 

保険会社提示額 増額⇨ 最終示談金額
約15万円 約37万円

 

相談に至った経緯・内容

交通事故に遭い、保険会社から慰謝料などで15万円あまりの提示を受け、当事務所に相談。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

慰謝料について裁判基準(赤い本基準)37万円あまりで提示したところ、すぐに示談となった。
任意の交渉段階では裁判基準を当然のように提示する損害保険会社は少なく、弁護士受任後もその姿勢を変えない場合も多いです。案件や担当者レベルの問題もあるので、簡単に一般化できませんが、今回の相手側保険会社は、裁判基準でスムーズに対処していただけました。

左肩鎖関節脱臼後の左鎖骨の変形障害について、交通事故紛争処理センターに和解あっせんを申し立てた結果、逸失利益が認められた

ご依頼者 受傷部位・傷病名 後遺障害等級
50代・男性・会社員 左肩鎖関節脱臼、頚椎捻挫 12級5号

 

保険会社提示額 増額⇨ 最終示談金額
344万円(人損分) 934万6473円(人損分)

 

相談に至った経緯・内容

被害者は、原付バイクを運転中、加害者運転の自動車と接触して転倒し、左肩鎖関節脱臼・頚椎捻挫の傷害を受け、事故から1か月ほど後に相談に来られました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

当事務所は物損・人損の損害賠償請求を受任しました。
物損については、加害者側の保険会社から3万円余りの提示を受けました。しかし、原付バイクの損傷分が計上されておらず、また、事故で破損した被害者の腕時計については、近時、中古販売価格が上昇しており、時価も相当額に上ると主張して増額を求めた結果、約15万円で示談が成立しました。
他方、人損については、加害者側の保険会社は、左鎖骨の変形障害による被害者の労働能力の喪失を認めず、逸失利益が低額の提示に止まったため、当事務所は交通事故紛争処理センターに和解あっせんを申し立てました。
当事務所は、被害者には左鎖骨の変形に加えて、左肩の鈍痛・強い痛みが残っており、これらの痛みも後遺障害等級(12級5号)に含めて評価されていること、後遺障害が認められる程度には至っていないものの、被害者には左肩関節の機能障害(可動域制限)も残っていることを主張しました。
その結果、逸失利益が認められるなどして、加害者の保険会社の当初の提示額から約600万円増の930万円余りで示談が成立しました。
鎖骨の変形障害については、本件のように、労働能力の喪失がないとして、加害者側の保険会社が逸失利益の支払いを渋ることがありますが、患部の痛みや肩関節の可動域制限が残っている場合は、逸失利益が認められることもあります。

自転車事故で約120万円損害賠償請求された。35万円の支払いで和解。

ご依頼者 相手方の受傷部位・傷病名 相手方の後遺障害等級
20代・女性・短期派遣 腰部、左下脛部挫傷、腰部捻挫 なし

 

相手方の提示額 減額⇨ 最終和解金額
約120万円 35万円(人損分)

 

相談に至った経緯・内容

自転車で歩道上を走行中、歩行者と衝突。損害賠償の支払いをどうしたらいいのか、相談するため来所された。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

示談交渉をしたがまとまらず、約120万円の支払いを求めて被害者側が損害賠償請求訴訟を提起。35万円の支払いで和解。被害者側の過大な請求をかなり減額することができました。

右手舟状骨・三角骨骨折後の右母指の動作時痛について、異議申し立てにより14級9号が認められた事例

ご依頼者 受傷部位・傷病名 後遺障害等級
50代・男性・会社員 右手舟状骨・三角骨骨折 14級9号

 

保険会社提示額 増額⇨ 最終示談金額
4,706,373円(14級認定後の提示額) 4,853,620円(人損分)

 

相談に至った経緯・内容

被害者は、保険会社提示の過失割合(被害者10:加害者90)が納得できないとのことで、事故から1か月ほど後に相談に来られました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

当事務所は損害賠償請求(物損・人損)の交渉を受任しました。
過失割合は10:90と変わりませんでしたが、物損については、保険会社の提示額から60万円余り増額のうえ、示談が成立しました。
その後、被害者は治療を続けて、右手舟状骨・三角骨の骨折部は癒合しましたが、右母指に動作時痛(手袋の装着時やヘットボトルキャップを開ける時などに痛みが出る。)が残ったほか、右手関節・右手指に可動域制限が残りました。
当初の後遺障害等級認定では非該当となったため、担当弁護士は主治医と面談し、右手指の動作時痛については、右手の各骨折部周辺の軟部組織の損傷に加え、事故後の患部のギプス固定による拘縮に起因するとの意見書を主治医に作成いただきました。
また、母指は、つまみ動作や握り動作など、他の指にはない複雑な対立運動を担っており、被害者の右母指の動作時痛は、まさに物をつまむ・握るといった日常的な動作である対立運動において生じていることから、これを神経症状として後遺障害を認定すべきであると主張して、異議を申し立てたところ、14級9号が認定されました。
これにより、人損分の損害賠償額が約330万円増額となりました。
このように、被害者の右母指の痛みは常時痛ではなく、動作時痛でしたが、他の指にはない母指の機能の特殊性を合わせて主張することで、後遺障害が認定されることがあります。

自己所有物件に住みつづける相手方と離婚

依頼者 50代 女性 看護師
相手方 50代 男性 無職
離婚理由 モラハラ、DV
争点 ①相手方が離婚に同意していますか?
婚姻期間 17年
未成年の子 無し

相談に至った経緯・内容

夫のDVで悩んでいた。耐えかねて家を出たが家は自分名義で退去してもらいたいということで来所。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

弁護士が夫と交渉することで、離婚および退去について合意に至った。
夫が、退去後の生活についてめどが立たないことから不安を抱えていて、離婚には消極的でしたが、時間をかけて離婚に納得していただきました。

 

不貞行為慰謝料を請求額の半分まで減額

依頼者 20代 女性 会社員
相手方 40代 男性 不明
争点 ⑥慰謝料
内容 慰謝料減額

相談に至った経緯・内容

相談者は妻子ある男性と5年にわたり不貞行為を行い、妻から慰謝料を請求され、当事務所に対応を依頼。金額が折り合わず訴訟に至った。判決となり、相手の請求額330万円の半分である165万円で決着した。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

不貞行為をしてしまったからといって相手の言いなりに慰謝料を払う必要があるわけではありません。一定の相場観、水準がありますので弁護士に相談してみてください。

 

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割

依頼者 40代 男性
被相続人
被相続人との関係
依頼者以外の相続人 兄、姉
相続財産 不動産約900万円相当
預貯金約120万円等
内容 遺産分割

相談に至った経緯・内容

父親が死亡。相続財産がとして何があるのかはっきりわからない。行方不明の相続人がいる。どうやって遺産分割をしたらいいのかわからない。ということで、相談に来所されました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

相続財産を調査し、また、戸籍をたどって行方不明の相続人の住所地を調査しました。遺産分割調停を申し立て、遺産分割できました。

姉から遺留分減殺請求された

依頼者 70代以上 男性
被相続人
被相続人との関係
依頼者以外の相続人
相続財産 土地建物約2600万円相当
無断払戻金約1100万円(争いあり)
内容 遺留分減殺請求

相談に至った経緯・内容

父親が死亡し、相談者は、遺言で遺産の大部分を取得した。その後、姉の代理人弁護士から遺留分減殺請求の通知が届いたため、当事務所で相談。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

しばらく交渉した後、依頼者の姉が訴訟提起。依頼者の姉は、遺留分と不動産収入で併せて約1250万円を主張。依頼者が750万円支払う内容で和解した。

特別縁故者として、被相続人の遺産の中から300万円の分与が認められました。

依頼者 70代以上 男性
被相続人
被相続人との関係 叔父
依頼者以外の相続人 なし
相続財産 土地・建物300万円(固定資産評価額)
預貯金等3600万円
内容 相続財産分与

相談に至った経緯・内容

依頼者の甥(以下「被相続人」という。)が亡くなったのですが、相続人がいないため、叔父である依頼者が、被相続人の葬儀・納骨を執り行いました。 被相続人は土地・建物や預貯金を残していたのですが、依頼者はその処理をどのようにすればよいか分からず、当事務所に相談に来られました。 当事務所では、相続財産管理人選任の申し立てを行い、家裁が選任した相続財産管理人に処理を委ねました。 依頼者と被相続人の生前の付き合いは、あまり深くなかったのですが、被相続人の父親とは交流があり、同人死亡時には、依頼者は、被相続人と協力して、葬儀を執り行うなどしていました。 また、依頼者は、被相続人の母親の入院時に、同人への輸血のため、何度か献血に協力していました。 被相続人の父母死亡後には、被相続人の自宅や父母の墓周辺の木を剪定したり、草を刈ったりしていました。 被相続人死亡後は、同人の遺産を管理し、葬儀・納骨を執り行うなどし、相続財産管理人の選任後も、その業務に協力していました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

上記事情を踏まえ、依頼者は、被相続人の特別縁故者に当たるとして、被相続人の遺産の分与を家裁に求めました。相続財産管理人が管理する預貯金額(3600万円)の約12分の1に当たる300万円の分与が認められました。
被相続人との生前の縁故はあまり深くなくても、死後の縁故と合わせて主張することで、特別縁故者性が認められることがあります。

2社に過払金返還請求。210万円で和解。

依頼者 40代 男性
内容 過払い
取引のある貸金業者数 2社
負債総額 0円
交渉結果
過払金210万円回収

相談に至った経緯・内容

完済済みの消費者金融2社に過払金返還請求したいということでご相談に来所されました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

消費者金融2社に対する過払金返還請求のご依頼を受け、1社は20万円で和解し、もう1社は訴訟提起後180万円で和解しました。

否認事件であるにもかからわず勾留請求が却下され、早期の身柄解放が認められた事例

依頼者 20代 女性
罪名 犯人蔵匿罪

相談に至った経緯・内容

本件は、刑が確定した者と知りながら、その者の収容を免れさせるため、自宅に宿泊させて犯人を蔵匿したとして、逮捕勾留された事例です。勾留請求された段階で、国選弁護人に選任されました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

ご本人からお話を伺ったところ、犯人とは刑が確定する前から一緒に住んでおり、犯人を匿うつもりはなかったということでした。また、捜査の状況をご本人から丁寧に聞き取ったところ、必要な証拠はすべて捜査機関が収集済みであると考えられました。
そこで、本件の犯罪の性質や内容、証拠の収集状況等から、犯罪の嫌疑がないこと、また、罪証隠滅や逃亡のおそれがないことを主張して、勾留の裁判に対する準抗告の申立て(不服の申立て)を行いました。
その結果、否認事件であるにもかかわらず、勾留請求が却下され、早期に身柄が釈放されました。

知人の過失で怪我

依頼者 50代 女性
相手方 知人男性
内容 私人間の事故の賠償

相談に至った経緯・内容

知人男性の過失により怪我をして傷跡が残ってしまった。治療費や慰謝料について話が折り合わずに来所。依頼を受けて弁護士が交渉を行い、1月半後に20万円を受け取った。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

不幸な事故によるものであったが比較的スピード解決ができてよかったです。

大学生が生活費や学費を支払ってくれない父親に対して扶養請求

依頼者 10代 女性
相手方
内容 扶養請求調停、扶養請求審判、審判前の保全処分

相談に至った経緯・内容

相談者は大学生で、父親が生活費や大学の学費を支払ってくれないということで来所されました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

父親に対して扶養請求調停と保全処分を申し立てました。
そして、保全処分の中で合意により、扶養として月2万円と大学の学費を任意に支払ってもらえることになりました。
その後、扶養請求調停については審判になり、最終的には扶養の月額は3万円となりました。

B型肝炎ウイルスによる肝がんで給付金3,600万円が認められた事例

依頼者 70代以上 男性 無職
依頼時の症状 肝がん
発症からの期間 肝がん発症から約3か月後にご依頼
給付金額 3,600万円

相談に至った経緯・内容

肝がんの治療中に、B型肝炎の給付金の請求についてご相談があり、ご依頼となりました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

当事務所で医療記録等の証拠資料を取り寄せ、訴訟提起しました。
母子健康手帳や満7歳までの居住歴が確認できる資料等、準備できない証拠もありましたが、給付金3,600万円を取得できました。

コロナで売り上げが激減したため破産申立て

依頼者 40代 男性
内容 過払い
取引のある貸金業者数 14社
負債総額 1,500万円
交渉結果
免責

相談に至った経緯・内容

コロナで個人事業の売り上げが激減し、借金の返済が困難になり、相談に来所されました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

特に問題なく、スムーズに免責が認められ、借金の返済を免れることができました。

不動産売買契約における契約締結上の過失

依頼者 50代 女性 貸主(オーナー)
相手方 購入希望者
争点 売買

相談に至った経緯・内容

相手方は事業用に相談者所有の不動産の購入を希望していました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

売買契約が成立していないこと、契約締結上の過失と評価できるほどの交渉過程の成熟度がないこと、当方には過失が認められないこと等を示す具体的な事実を主張・立証し、1審判決・控訴審判決共に当方が全面的に勝訴しました。

20年以上の別居を経て離婚

依頼者 60代 女性 看護師
相手方 60代 男性 無職
離婚理由 20年以上別居
争点 ①相手方が離婚に同意していますか?
婚姻期間 31年
未成年の子 無し

相談に至った経緯・内容

別居をして20年以上経過し、子も成人したことからはっきりとさせておきたいと来所されました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

裁判離婚を念頭に調停を起こしました。
調停では相手方も出席し、離婚に応じる意向を示しました。
当方依頼者の出席が難しい事情があり、調停に代わる審判により、離婚を成立させました。

調停に代わる審判で離婚を成立させたのは初めてでした。
裁判も覚悟しておりましたが、スムーズに離婚を成立させることができてよかったです。

相手も交えて今後について検討し、公正証書を作成

依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 パート
離婚理由 親への接し方について考え方に違いがある。
争点 ①相手方が離婚に同意していますか?
婚姻期間 12年
未成年の子 有り(中学生未満2人)

相談に至った経緯・内容

結婚以来、依頼者の妻は相談者の実家との折り合いが悪く、依頼者とその家族は離婚を望むようになりました。
妻も離婚に応じる気がないではないが、諸条件について話が進みませんでした。
そこで、依頼者は当事務所に相談に訪れました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

妻にも当事務所にお越しいただき、弁護士を交えて3人で話し合いを行い、条件面について話を進め、公正証書に記載する内容を合意することができました。
相手の弁護士を目の敵のように思い、最初から不信感を持つ方も少なくないですが、今回の依頼者の妻はその点偏見はなく、私の話にきちんと耳を傾けて、フェアな提案だと理解してくれました。

字を書くことが難しい場合の遺言

依頼者 70代以上 女性
被相続人 依頼者
被相続人との関係 依頼者
相続人 夫、長男、二男
相続財産 預金3,500万円、土地建物

相談に至った経緯・内容

視力を失い、字を書くことが難しくなられた方が、遺言作成を希望されて当事務所へ作成の援助を依頼。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

依頼者の意向を公証人に伝えるなどして段取りを整えて、公証役場にて遺言を作成した。
字を書けない場合でも公正証書遺言を遺すことが出来ます。ご相談ください。

遺産分割協議

依頼者 70代以上 女性
被相続人
被相続人との関係
相続人 代襲相続人ら
相続財産 1,000万円相当

相談に至った経緯・内容

親族間の紛争が原因で長期にわたり遺産分割協議がなされていませんでした。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

不動産を共有にすることにより生じる法律関係をお伝えすると、依頼者の単独所有にすることに同意いただけました。ご依頼から3か月程度で合意成立に至り、良かったです。

閉じる